施工事例

住宅 施工事例

吹抜け階段のある家(新築)

福山市引野町

特徴

■ 木造ツーバイフォー高耐震(モノコック構造)
■ オール電化
■ 高断熱・高気密(フェノール樹脂ボード・気密テープ)
■ 省令準耐火(火災保険60%優遇)

2021年6月2021年7月2021年8月2021年9月
地盤調査
建築確認申請
地盤改良(柱状改良)
基礎工事
木造躯体建て方
屋根工事
外部建具工事
給排水配管工事
電気工事
ユニットバス設置
外壁工事
内部造作工事
電気工事
樋工事
2021年10月2021年11月
内部造作工事
換気システム工事
内装工事
設備機器取付
外構工事
本体仕上げ工事
外構工事
工事完了
お引渡し

地鎮祭

2021年7月吉日

  • 地盤改良・基礎工事

    2021年7月

    • 基礎地盤柱状改良工事

    • 柱状改良完成

    • 基礎鉄筋

    • コンクリート型枠解体

    • 鉄筋入りベタ基礎完成(給水温水配管共)

    柱状改良工事(深層地盤改良)
    地盤内に固化材スラリー(セメント系固化材と水を練り混ぜた液体)を注入しながら、機械で掘削・撹拌し、円柱状の改良体(コラム)を形成する地盤改良工法です。
    予定通りに深層地盤改良(セミパイル)による地盤補強を行いました。径 40cmの大きさを 4~4.5mの深さで行います。写真は、アースドリルで地面に穴を掘り込み、スラリーを注入しているところです。

    基礎工事は、天候の様子を伺いながら、工程を臨機応変かつ慎重に組みます。
    防湿シートを敷き、土間の鉄筋を浮かせて敷いて、生コンクリートコンクリートを均しながら打ちます。

    鉄筋は、厚みの中央に入って、コンクリートの中心にくるように配置をしておくことが大切です。いわゆるかぶり厚がないと鉄筋コンクリートの強度がでないからです。
    配筋(鉄筋を並べること)完了後、社内検査、および第三者検査機関の検査を受けます。第三者検査機関の検査は、住宅瑕疵担保保証の保険を受けるために必要です。
    コンクリートを打ち終えたら、コンクリートが硬化するまでそのままで養生をします。
    保湿状態での打設が一番強固に固まります。

    基礎工事が終わると、給排水配管工事を行います。勾配を確認しながら、念入りに配管を組み合わせて埋め戻します。

  • 躯体建て方

    2021年8月上旬

    • 1階床下断熱材

    • 1階壁設置工事全景

    • ホールダウン金物

    • 2階床根太

    • 小屋組み完成(屋根下地)

    • 内部構造

    • 床組み補強金物

    1階床下根太の間には、写真のように断熱材(フェノール樹脂ボード)を隙間無くいれます。また、壁内や天井にも、断熱性が高く水に強い高性能のフェノール樹脂板 t=60mmを入れ、家をポットのように熱を逃がさない構造に仕上げます。
    土台の下は、基礎パッキンを入れて、床下の換気が全体的に均一になるようにしてあります。床下換気口を設けずに、床下全体の効率的な換気を行う基礎パッキン工法です。

    ツーバイフォーは、基礎⇒1階床⇒1階壁⇒2階床⇒2階壁⇒屋根というふうに下から順次上に完成させていきます。壁・床は、頑強に金物やボルト・釘で、接合されるので、横からの力に対しても、在来工法の2.5倍以上も強いといわれています。
    ツーバイフォーで使う木の容積合計は、在来工法の1.5倍にもなります。
    ツーバイフォー工法では、接合部に専用のくぎや接合金物(Cマーク金物など)を使用します。くぎはサイズ別にカラーリングが施されています。これは一度打ち込んでしまうと確認の難しいくぎを、くぎ頭の色により確実にチェックできるように考えられたものです。
    最近では、メッキ処理されたくぎが規格に加えられ、建物の耐久性向上につながってきています。

  • 屋根工事

    2021年8月中旬

    • 防水断熱フェルト下地

    • 防水断熱フェルト下地

    • 釉薬平瓦葺き工事中

    • 釉薬平瓦葺き仕上げ

    屋根の下地は、構造用合板を用い、その上に防水のフェルトシートを設置して、防水フェルト下地に瓦桟を取付、瓦を一枚づつステンレスのビスで取り付けました。

    洋瓦の焼成瓦です。
    耐水性・耐震性・断熱性にすぐれ長期にわたって品質や色が衰えません。

施工事例一覧へ戻る