ツーバイフォー(2X4)工法・
枠組壁工法の基本

SUZUKA スズカハウス<福山市>    

 

マイホームの建築において、木造工法では、大きく分けると、日本で伝統的に継承されている「在来軸組工法」、と合理的な高品質住宅の「枠組壁式工法」(主にはツーバイフォー工法)があります。

軸組み工法は、日本の従来の建築工法で、家の構造を柱と梁で支えるものであり、壁式工法(ツーバイフォー工法)は、北米からの輸入工法で、家の構造を壁・床・天井という面で支えるものです。

ツーバイフォー工法では、分かりやすく規格化された構造用製材を使用します。それぞれの構造用製材はJAS規格によって厳しく品質がチェックされ、使用する箇所ごとに製材品の規格なども細かく定められています。
ツーバイフォー工法は、構造材やくぎ・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まできめ細かく規定され、住宅金融支援機構などでマニュアル化されているため、施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な高品質と高性能を実現します。


壁のフレームをツーバイフォー材料2×4で作るのが一般的ですが、2×6でつくり断熱材を厚くすることもできます。
主木材の断面図 壁が面構造
(縦の材料は、柱ではなく枠組みと考えます。)
基礎-土台−本体
(基礎と土台の上に上図の壁を設置)
構造用合板
壁の構造用合板で、剛構造になっています。

.

来、日本の住宅は、軸組み工法が常識でした。この工法は、湿気を調整する土壁にすると高温多湿の日本の気候を凌(しの)げる家として重宝されてきたのです。しかし、近年は、生活スタイルが変わって、室内を冷暖房で快適にするようになったため、高断熱・高気密の家を希望される方が急増しています。そして、昨今の環境問題から、エネルギーロスの少ない性能の良い家を造るという考え方も、徐々に広がってきているために、より高断熱・高気密の家が求められるようになってきています。

ところがこのような生活様式の変化に対して、多くの工務店や大工さんが十分に理解をして対応できていないのが実情です。日本の従来の軸組み工法をベースに、高断熱・高気密の家を造ろうとしているために、現在建築されている多くの家には、見えないところで、壁体内結露という大きな問題が生じていることが明らかになっています。なぜならば、高断熱の家を造るためには、できるだけ隙間のない高気密空間を造る必要があるからです。軸組み工法では、隙間をなくすことが非常に難しいのです。本来土壁にすべき軸組み工法をベースに、隙間をなそうとするために内壁外壁にボードを打ちつけて柱を下地にしている(いわゆる大壁にしている)わけですが、床と壁の結合部の見えないところにたくさんの隙間が残ってしまい、かえって外壁と内壁の間(壁体内)に室内の湿った空気が出入りをしてしまう構造になっているからです。つまり、
日本の従来の軸組み工法は、高断熱・高気密の家づくりには不向きなのです。ツーバイフォー工法は、軸組み工法とは、構造が全く違います。一階・二階、天井裏・部屋内・壁体内がそれぞれ独立してつながっておらず、本質的に気密性を高めるのに適した工法なのです。元々大壁で壁体内に部屋の内部で生じた湿気が入り込みません。ツーバイフォー工法は、本来の特性を生かした現代の高断熱・高気密に最適な工法だといえます。
ツーバイフォー工法の特長
ツーバイフォーは、木造軸組み工法と
比較すると、


丈夫さ(耐震・耐火性)・耐火性・断熱気密性(省エネ性)・耐久性・デザイン性 など、


どれをとっても圧倒的に優れた工法です。

1. 耐 震 性


ツーバイフォー工法と在来軸組み工法のイメージ

●面構造
力が一点に加わっても、面全体に分散させることで強さを発揮。

●軸構造
力が接合部に集中するため、大きな負荷が加わりやすい。
建築基準法も壁量(耐力壁)を増やすことを
軸組み工法(右)にも求めています。
◎ 阪神淡路大震災・新潟中越沖地震などでも、ほとんど無傷に近い状態でした。
阪神淡路大震災では、ツーバイフォー住宅のうち96.8%がとくに補修をしなくても継続して居住可能な状態を保ちました。)
(※残り3.2%は、地盤の移動・液状化及び隣家のもたれかかりにより住宅の一部が損壊したものです。)

200年住宅の先駆者です。

2. 耐 火 性


図のようにファイヤーストップ材が働き、1階から2階への延焼を防ぎます。在来軸組み工法では、1階から2階に瞬く間に火が燃え広がります。

◎ ツーバイフォーの火災保険は割安に設定されています
耐火ボードを取り付けるなどして燃えにくくしたツーバイフォー住宅は準耐火扱いになっており、旧来の木造工法に比べ耐火性があるため、99年、政府の認可を得て保険料率を改定し、通常の在来木造住宅よりも3〜6割ほど火災保険料が安く設定されています。

3. 気 密 性




ツーバイフォーは、気密性が非常に高いので、高断熱・高気密の家です。エネルギーロスの小さいエコ住宅で、光熱費が大幅に削減できます。

4. 断 熱 性



ツーバイフォー工法は、面構造であり断熱材が均一に効果的に働きます。断熱性が非常に高いため、通常、10畳用のエアコンが、約20畳の部屋に効くほどです。
床暖房を使用すれば、冬の空調暖房は、ほとんど必要ありません。
さらに詳しいツーバイフォーに関する知識は、こちらをご覧下さい。    詳しいツーバイフォーの知識
閉じる